生理痛のお薬

生理痛に効くお薬3タイプ

生理痛にピル通販

生理痛に効くお薬は3タイプ

生理痛の症状は、人によっては生活に支障をきたすほど大きな症状を呈することもあります。

 

ひどい場合はきちんとした対処をしないといけません。その対処法の一つとして「薬を利用する」という方法があります。

 

一言に薬と言っても、生理痛対策として効果的な薬はいくつかの種類に分けることができます。

 

大きく分けて3つに分けるとすれば「鎮痛薬」「女性ホルモン薬(ピル)」「漢方薬」に分けることができます。

 

鎮痛薬は、読んで字のごとく痛みを鎮めるための薬です。

 

ドラッグストアなどで見かけることができ、病院へ行かなくても気軽に購入することができます。

 

具体的な薬の名称としては「イブクイック」「バファリンルナ」「タイレノール」「セデス」あたりが有名ではないかと思います。

 

ただし、同じ鎮痛薬でもいくつかのタイプが有り、上記の薬で言えばイブクイックやバファリンルナは「イブプロフェン系」に属し、タイレノールは「アセトアミノフェン系」、セデスは「アスピリン系」に属します。

 

それぞれ、得意とする症状や薬の効き方に差があり、同じ種類に属する薬でも人によって相性が異なります。

 

処方薬とは異なり市販されているため気軽に使用できるのですが、その反面で「長期的な使用には適さない」という点が挙げられます。

 

いわゆる「飲みすぎて薬が効きにくくなった」という状態で、これにより該当の薬の服用量・服用回数が増加し、さらに薬の効き目が弱まってしまいます。

 

ひどい症状に対する対症療法としては最適なのですが、根本的な対処法とはなりませんので、婦人科を受診するか、日常生活を見直して生理痛の症状を改善することが必要になります。

 

女性ホルモン薬は、いわゆる「ピル」がこれに該当します。

 

「ホルモン剤」とも呼ばれており、人工的に作り出された女性ホルモンを含んだ医薬品です。

 

基本的に生理痛やPMSなどを根本から改善するのは女性ホルモン剤(ピル)のみです。

 

鎮痛剤はあくまで症状の一時対策でしかありません。

 

これを服用することで、体内の女性ホルモンのバランス整え、生理痛の症状を改善することが主な目的です。

 

また、女性ホルモン薬は子宮の病気や不妊、更年期障害の治療にも広く用いられています。

 

生理痛に深く関係するホルモンバランスを整えることで生理痛対策として効果が高い反面、市販の薬以上に「副作用」のリスクを抱えている存在でもあります。

 

そのため、日本では女性ホルモン薬は市販されておらず、医療機関で処方されたものを使用する必要があります。

 

ただし、個人輸入などの方法で入手することもできますが、その場合は前述の副作用のリスクをきちんと考慮しなければなりません。

 

まずは医療機関を受診し、適切なホルモン剤の種類を知り、個人輸入等で常用する際の参考にしてください。

 

生理痛を根本から緩和する低用量ピルはこちらからご確認ください>>

 

漢方薬は、上記までと異なり東洋医学に基づく生理痛対策となります。

 

漢方の世界においては、生理痛は「気」「水」「血」の中でも「血」に分類される体の不調であると考えられています。

 

漢方における「血」とは文字通り血液に関する症状であり、さらに言えば「?血(おけつ)」によって引き起こされると考えらています。

 

漢方は、西洋医学とは異なり病気の治療薬としての即効性は期待できませんが、「体質を改善する」という効果においては得意分野となります。

 

また、副作用のリスクが西洋医学の医薬品ほど高くないため、継続して利用するのに適している種類であると言えます。

 

さて、生理痛対策として有名な漢方としては「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などが挙げられます。

 

副作用のリスクが低いとは言え、種類があるということはそれぞれに適した条件が異なるということになります。

 

漢方は基本的に使用する人の体力などによって適性が異なるので、出来る限り漢方の専門家に選んでもらうことが必要になります。

 

それぞれの薬は、適した使用法があるということです。

 

市販の鎮痛薬はいざという時のための常備薬として、女性ホルモン薬は重度の生理痛対策として、漢方は継続的な体質改善を実施するために、それぞれ適した使用法を守ってください。

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ