生理痛に効くストレッチ

生理痛に効くストレッチ

生理痛にピル通販

生理痛に効くストレッチとは?

生理痛の症状は、人によって発症する症状やその症状の程度(重さ)が異なります。

 

時には、日常生活に大きな悪影響をおよぼすこともあれば、目立った症状が出ないという方もいらっしゃいます。

 

ひどい場合は婦人科を受診して必要な治療を継続することをお勧めしますが、そこまでではないが症状に悩んでいるという場合は「ストレッチ」にてこれを解消できる可能性があります。

 

なぜ、ストレッチが生理痛対策に有効であるかと言えば、生理痛の症状が悪化することの原因として「体の冷え」が挙げられるからです。

 

日常的に体が冷えている、つまり血行が悪化していると、生理時に分泌される「プロスタグランジン」が骨盤内に滞り、その作用の一つである「痛みを強める」という作用も骨盤内に停滞することになります。

 

それを、ストレッチによる血行改善効果で対処するというのが、ストレッチによる生理痛対策となります。

 

有名な生理痛対策のストレッチとしては「骨盤まわし」が挙げられます。

 

これは、単純に腰を回すことで腰回りの血行を良くするストレッチ法です。

 

具体的なやり方としては、両足を肩幅に開き、両手を腰に当ててまっすぐ立ちます。

 

この状態で腰を左右に10回〜20回程度回すのですが、その際に注意すべきポイントは「腰だけを回す」ことです。

 

動作につられて上半身や脚を動かしてしまうと、効果的に腰のストレッチができなくなります。

 

そのため、最初のうちは鏡を見ながら行うと、正しい動作で骨盤回しを実行することができます。

 

慣れてきたら、外出時にも空き時間を利用してこち版回しによる血行改善に取り組むことができます。

 

自宅で行うストレッチとしては「仰向けストレッチ」があります。

 

これは、仰向けの状態で手足を伸ばしてリラックスし、背伸びをするように手足を伸ばします。

 

伸ばしきったら、力を抜いてリラックスし、これを数回繰り返します。

 

背伸びする時は、出来る限りお腹や背中、肩に緊張感を感じるように意識すると効率よくストレッチができます。

 

他にも、座りながら実行するストレッチがあります。まず、椅子に浅く腰掛け、両膝を伸ばします。

 

次に、かかとを床につけたままの状態でつま先を起こし、足首を90度に曲げた状態を数秒間キープします。

 

次に、つま先をゆっくりと戻し、つま先を床につけたままかかとを挙げて足の甲を伸ばします。

 

これを数秒間キープします。上記の動作を5回ずつワンセットで考えてください。

 

ストレッチによる生理痛対策には、いくつかのメリットがあります。

 

まずは「運動神経が問われない」ということです。

 

生理痛対策としては運動もお勧めなのですが、運動が苦手な人はなかなか実行できない可能性があります。

 

しかし、ストレッチなら体を動かすことが苦手な女性でも気軽に始められます。

 

次に「費用がかからない」ということです。

 

ストレッチは基本的に体一つで行うため、特殊な道具を用意する必要がありません。

 

必要なのは、そのストレッチを行うのに適した場所だけであり、お金をかけずに生理痛対策ができます。

 

さらに「場所に合わせてストレッチを選べる」ということです。

 

上記のストレッチは一例ですが「立ったまま」「仰向けになって」「椅子に座って」という異なるシチュエーションで実施できるストレッチです。

 

仰向けは場所を選ぶものですが、外出時や仕事中でもその合間などを利用してストレッチができます。

 

ストレッチによって体を動かすことに慣れたら、ウォーキングなどの負担の少ない運動から初めて、ジョギングなどのダイエットにも効果的な運動を生活の中に取り入れることをお勧めします。

 

もちろん、体への負担を考えて最初のうちは軽い運動から始めて、徐々に運動量を増やしていってください。

 

運動を取り入れることで体を温めるだけでなく、ストレス発散やダイエットにも効果的で、生理痛対策にも繋がります。

 

生理痛を根本から緩和する低用量ピルはこちらからご確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ