生理痛と腰痛

生理痛と腰痛の関係

生理痛にピル通販

生理痛で腰痛が出る場合

こちらでは生理痛の症状として腰痛が出やすいことについてお話しします。

 

まず生理痛を和らげる方法として低用量ピルを服用することが一般的ですので、ピル服用についても別のページで説明します。

 

生理のタイミングで、さまざまな症状を呈することになります。

 

多くの場合は腹痛を訴えますが、その次に多い症状として「腰痛」が挙げられます。

 

部位としては腹痛と近い場所の症状ですが、なぜ生理の時に腰が痛くなるのでしょうか?

 

生理のタイミングで「骨盤」が開くのですが、これは経血の排出をスムーズに行うためです。

 

その際、骨盤を開きやすくするために「リラキシン」というホルモンが体内で分泌されます。

 

このリラキシンなのですが、実はその働きは筋肉や腰にも影響します。

 

リラキシンが緩めるのは主に「恥骨結合」と呼ばれる部位なのですが、これは左右の骨盤を繋いでいる重要な部分です。

 

これが緩むことで骨盤が不安定になりやすく、体を支えるのに骨盤周りの筋肉、つまり腰の筋肉に大きな負担がかかります。

 

これが、生理中の腰痛の原因であると言われています。

 

また、生理痛に深く関係する「プロスタグランジン」というホルモンも、腰痛に関係しているとされています。

 

プロスタグランジンは子宮を収縮させて経血の排出を促す作用があるのですが、「痛みを強める」という作用を持つホルモンでもあるのです。

 

つまり、腰の負担が強くなっているところに痛みを強くするホルモンが分泌されることで、腰痛の症状が重くなってしまうということなのです。

 

また、日常的に体を冷やしていることで血行が悪くなっていたり、骨盤が歪んでいるといった条件が重なると、腰痛の症状が重くなるリスクが高まります。

 

特に、ストレスによる血行悪化とホルモンバランスの乱れは生理痛に対して全体的な悪影響を及ぼしやすく、腰痛の症状も悪化する可能性が高くなります。

 

もし、腰痛の症状が重い場合や、その他の症状が重くなっている場合は「月経困難症」である可能性が考えられます。

 

月経困難症は、病気を原因とする「器質性月経困難症」と、生活習慣等が原因となる(病気が原因ではない)「機能性月経困難症」があります。

 

どちらの場合も、何らかの理由で生理痛の症状が重くなるものであり、特に器質性月経困難症は原因疾患である「子宮内膜症」や「子宮筋腫」といった病気を治療しない限り症状が改善することはありません。

 

病気を原因としない機能性月経困難症の場合、生活習慣を見直すことで症状を改善できる可能性があります。

 

まずは、腰痛の大きな原因となる「骨盤の歪み」を解消することです。

 

これは、「骨盤体操」を日常的に行うことで改善することができます。

 

また、普段から腰に負担のかかる動作・姿勢をしないように注意しましょう。

 

次に「血行を良くする」ことです。これは腰痛だけでなく、生理痛全体の改善につながる行動となります。

 

具体的には「体を温める」ことと「ストレスを溜めない」ことを両方とも実行することです。

 

体を温めるのは、外的なものと内的なものに分かれます。

 

外的なものはお風呂やカイロのように外側から体を温める方法で、特に入浴をシャワーで済ませるのは十分な温熱効果を発揮することができません。

 

内的なものは、温かい飲み物や食べ物で、体を冷やす成分の入ったものを口にしないことが重要です。

 

ストレスが溜まることで自律神経が乱され、それに深く関係するホルモンバランスも乱されることになります。

 

これによりプロスタグランジンの分泌量などにも影響し、生理痛の症状が悪化しやすくなります。

 

上記についてはまさに低用量ピルの服用で生理痛が和らぐ理由でもあります。

 

ストレスを発散する方法としては、体を温めることにも繋がる「運動」がベストな方法ですが、他にも色んな方法でストレスを発散し、体を温めることにつなげることができます。

 

ただし、砂糖やカフェインの多い食べ物・飲み物は体を冷やしてしまうので、甘いものや紅茶などのカフェイン多めの飲み物は控えるようにしてください。

 

また、腰痛に対する即効性の高い対処法として「医薬品」という方法もありますが、根本的に生理痛をピルで緩和できますので、根本原因を改善したほうが良いでしょう。

 

生理痛対策用の薬がドラッグストアなどで販売されていますので、簡単に購入することができます。

 

日頃は薬の使用を控えている方も、腰痛や生理痛の諸症状を我慢することによるストレスが生理痛を悪化させることを考えると、症状がひどい時だけでも利用してみることをお勧めします。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらからご確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ