生理痛と子宮筋腫

生理痛と子宮筋腫

生理痛にピル通販

生理痛と子宮筋腫

子宮筋腫

 

日常生活に悪影響を及ぼすほど重い生理痛にお悩みの方は、何かの病気を患っている可能性があります。

 

このように病気が原因で悪化している生理痛のことを「器質性(続発性)月経困難症」と分類しています。

 

器質性月経困難症の原因疾患の代表的なものが「子宮内膜症」と「子宮筋腫」です。

 

今回は、子宮筋腫によって生理痛が重くなることについて解説していきます。

 

子宮筋腫とは、簡単に言えば「子宮の筋肉に発生する腫瘍」のことです。

 

腫瘍といっても、子宮筋腫で発生する腫瘍は「良性の腫瘍」です。

 

悪性腫瘍(がん)のように、他の正常な細胞に対して悪影響をおよぼすようなことはありません。

 

有り体に言えば、「こぶ」のようなものだと考えてください。

 

ですが、ただのこぶとは言え、発生する位置や数、大きさによって症状が異なる点は厄介です。

 

その「腫瘍が発生する位置」によってさらに細かく分類することができます。

 

おおまかには「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「漿膜下筋腫」という分類があります。

 

子宮筋腫の過半数は筋層内筋腫であり、腫瘍が大きくなりやすいという特徴があります。

 

次に多いのは漿膜下筋腫で、3割ほどがこれに該当します。

 

腫瘍が大きくなると、他の臓器を圧迫しやすいという特徴があります。

 

子宮筋腫全体の1割ほどが粘膜下筋腫であり、腫瘍が大きくならなくても症状が出やすいという特徴があります。

 

子宮筋腫によって生理痛が重くなるのは「過多月経」によるものであると考えられます。

 

子宮筋腫が発生するということは、こぶの大きさの分だけ子宮内膜の表面積が増加します。

 

そして、生理の際に子宮内膜が剥がれ落ちると、それによって発生する出血量が増加します。

 

排出すべき経血量が多くなることで、多くのプロスタグランジンが分泌され、子宮が大きく収縮することで傷みが増加します。

 

また、出血量が増加することで貧血の症状が出ることもあります。

 

さらに、腫瘍によって子宮が変形を起こすことで不妊の原因になることもあります。

 

不妊に関しては、発生した腫瘍そのものが受精卵の着床を妨げることも考えられます。

 

子宮筋腫は、タイプによって細かい症状は異なることは知られていますが、その発症原因についてははっきりとしていません。

 

女性ホルモンが関係しているという推測はたっていますが、具体的な発症要因などについては解明されていないのです。そのため、明確な予防法も確立していません。

 

子宮筋腫の特徴としては「症状に関して無自覚である可能性が高い」という点が挙げられます。

 

腫瘍は、それ自体が肥大化して内蔵を圧迫する場合であれば、単体で何らかの症状をもたらす可能性があります。

 

しかし、腫瘍自体が目立った症状をもたらすことは稀です。

 

加えて、悪性腫瘍ではないため、他の細胞や臓器に悪影響を及ぼすこともありません。

 

しかし、前述の通り子宮筋腫は「不妊」の原因になる可能性があります。

 

妊娠を希望する女性の場合、早めに治療を行いたいところです。

 

自覚症状で特に目立つのは「過多月経」です。

 

月経の期間が長い場合や、出血量が多い(血液の塊が見られるなど)場合は、子宮筋腫を発症している可能性が考えられます。婦人科を受診し、検査を受けてください。

 

子宮筋腫の治療法は、主に「薬物療法」と「手術療法」が挙げられます。

 

また、今後の妊娠の希望の有無によっても、適した治療法が異なります。

 

どういった症状に悩んでいるのか、妊娠を希望するのかなど、治療方針を決める要素は数多くありますので、担当の医師と相談し、治療を開始してください。

 

また、子宮筋腫以外にも、子宮内膜症など子宮に関係する病気を原因として生理痛が重くなっている事も考えられます。

 

不妊などの症状だけでなく、時には命にかかわるような病気が関係している可能性も捨てきれませんので、まずは婦人科を受診し、原因疾患の有無と治療の必要性についてしっかりと把握しましょう。

 

子宮内膜症や生理痛の予防、緩和には低用量ピルが処方されます。

 

避妊ピルは避妊だけでなく、疑似的に妊娠しているような状態を作り出すことで、生理痛を含む多くの女性の悩みを緩和する効果がある大事なお薬です。

 

生理痛には、さまざまな症状があります。

 

多くの女性が経験することになる症状としては腹痛や腰痛など、腹部や腰部の症状が多いです。

 

しかし、場合によっては腹部やその周辺とは無関係な部位に症状が見られることもあります。「頭痛」もその一つです。

 

なぜ、生理に際して頭痛が起こるのでしょうか。

 

それを説明する前に、生理に際して発生する頭痛には、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

一つは「月経関連片頭痛」、もう一つは「緊張型頭痛」です。

 

月経関連片頭痛は、女性ホルモンの影響によって頭痛が発生します。

 

女性ホルモンの一種「エストロゲン」には、脳内物質「セロトニン」の合成を促し、その数を減らしてしまいます。

 

セロトニンには血管収縮作用があり、エストロゲンによってセロトニンが減少することで血管が拡張され、神経が刺激されることで頭痛が発生すると考えられています。

 

もう一つの緊張型頭痛は、筋肉が緊張することで頭痛が発生します。

 

この「筋肉の緊張」は、肉体疲労やストレスなどが原因であると考えられています。

 

疲労やストレスによって首や肩の筋肉が凝り固まり、筋肉内の血流が悪化することで老廃物が蓄積します。

 

その老廃物が神経を刺激することで、頭痛が起こると考えられています。

 

これ自体は生理とは直接の因果関係を持っていませんが、生理中はストレスが溜まりやすく、緊張型頭痛を起こしやすいとされています。

 

この2種類の頭痛は、それぞれ頭痛の症状の内容が異なります。

 

まず、月経関連片頭痛の場合はズキズキと脈打つようなタイプの痛みが発生します。

 

また、頭を動かすとガンガンと響くという特徴もあり、痛みが長く続く傾向にあります。

 

頭痛の痛みが強いためか、めまいや吐き気などの症状も併発することがあります。

 

一方で緊張型頭痛の場合は、頭が締め付けられるような痛みを感じることが多いです。

 

重い鈍痛を感じることが多く、その仕組みから肩こり・首のこりを併発していることが多いです。

 

頭を動かしてもガンガンするようなことは少なく、痛みの程度もそこまで大きくないことが多いです。

 

さて、どちらのタイプであっても、頭痛が良くない症状であることは間違いありません。

 

早めに医療機関を受診されることをお勧めしますが、応急処置で症状を和らげることもできます。

 

ただし、月経関連片頭痛と緊張型頭痛ではその仕組みと症状だけでなく、適切な対処法も異なります。

 

月経関連片頭痛の場合、血管が拡張されていることが頭痛の原因であるため、痛む部分を冷やす必要があります。

 

光などの刺激も悪影響であるため、暗くて静かな場所で休むのも効果的です。

 

緊張型頭痛の場合はその逆で、痛む部分を温めると症状が改善します。

 

筋肉が凝り固まっていることが原因であるため、肩を中心としたマッサージやストレッチも効果的です。

 

対処法は、2つの原因で真逆です。

 

それぞれの頭痛症状に対して逆の対処法をすると症状が悪化する可能性が高いので、「痛んだら冷やす」「痛んだら温める」と、どちらかに決めつけてしまうと適切な対処ができません。

 

ただし、どちらの頭痛であっても「リラックス」は良い対処法となります。

 

頭痛に大きく関係する「ストレス」を緩和することで、頭痛の症状を軽減もしくは完治させることができます。

 

生理痛もまた、ストレスによるホルモンバランスの乱れが悪影響を及ぼしてしまうため、生理痛対策の総合的な有効策として、ストレスを緩和する方法を用意しておくことをお勧めします。

 

ただし、「甘味の過剰摂取」や「飲酒」などでストレスを緩和することは生理痛にも良くない影響を及ぼすため、「音楽」「運動」「アロマ」など、健康的な方法でストレスを発散するようにしましょう。

 

頭痛がひどいようであれば、何らかの病気を患っている可能性も否定できません。

 

生理痛としての頭痛には市販薬や漢方薬なども効果を発揮するケースが多いですが、病気を治療する効果までは期待できません。

 

一般的に生理痛を緩和するには低用量ピルの服用が推奨されます。

 

多くの女性がピルを服用していますが、一番の目的は避妊よりも生理痛(月経困難)の緩和でしょうね。

 

ピルは婦人科では値段も高く、1年間のピルコスト+診断費は非常に経済的な負担になりますが、最近ではピルは個人輸入で通販ができるようになり、1年分まとめて7000円ほどでトリキュラーなど低用量ピルが購入できます。

 

頭痛やその他の生理痛の症状がひどい場合は、早めに婦人科を受診して検査を受けてください。

 

根本原因が生理痛の場合は、低用量ピルが処方されるでしょう。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ