生理痛と子宮内膜症

子宮内膜症と生理痛の関係

生理痛にピル通販

生理痛と子宮内膜症の関係とピルでの予防

子宮内膜症重い生理痛(日常生活に悪影響を及ぼすほどの症状)にお悩みの場合、ひょっとしたら何かの病気を患っている可能性が考えられます。

 

病気が隠れている生理痛のことを「器質性(続発性)月経困難症」と言います。

 

その原因疾患の代表格が「子宮内膜症」と「子宮筋腫」です。今回は子宮内膜症による生理痛の重症化について解説します。

 

子宮内膜症という病気は、実は女性の多くに見られる病気でもあります。

 

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮以外の部位において増殖する病気です。

 

本来、子宮内膜は子宮の内腔にのみ存在するものですが、何らかのきっかけで細胞の一部が子宮内腔以外の部位に定着し、そこで本来の場所と同様に増殖を繰り返します。

 

子宮内膜症におけるイレギュラーな子宮内膜は、正常な子宮内膜と同様に生理周期に合わせて剥がれ落ちます。

 

しかし、子宮内腔以外の部位で増殖し剥がれ落ちる子宮内膜は、これを体外に排出するための出口が存在しません。そ

 

のため、本来は体外に排出される子宮内膜が体内にとどまり、痛みなどの症状を引き起こします。

 

子宮内膜症の主な症状は痛みの他にも発症している部位によって細かく異なります。

 

次に多く見られる症状は「不妊」であり、発症部位によって「排尿痛」「血便」「気胸」などの症状を呈することがあります。

 

症状の程度は、子宮内膜が癒着している部位と、癒着の程度によって異なります。

 

子宮内膜症が生理痛を悪化させる原因は、生理周期に合わせてイレギュラーな子宮内膜が剥がれ落ち、痛みなどの症状を悪化させるからです。

 

つまり、生理痛を悪化させると言うよりは、同じタイミングで症状が現れやすいということです。

 

そして、生理周期を繰り返すごとにイレギュラーな子宮内膜の剥離も重なり、次第に症状が重くなるという特徴があります。

 

では、子宮内膜症はなぜ発症するのでしょうか。現時点でははっきりとした原因は解明されていませんが、有力な説としては「移植説」と「化生説」の2つがあります。

 

移植説は、子宮内膜が剥がれ落ちた際に発生した血液が卵管などを通って体内を移動し、子宮外に子宮内膜細胞が付着してそこで増殖するという説です。

 

化生説は、「腹膜上皮」という細胞が何らかの原因で子宮内膜に変化してしまい、増殖してしまうという説です。

 

子宮内膜症の治療法は、主に「薬物療法」と「手術療法」が挙げられます。

 

低用量ピルは子宮内膜症の予防になるとされていますし、生理痛の改善にも処方されます。
 
薬物療法では、ホルモンや卵巣に関係する薬を服用することで、子宮内膜の増殖を抑制することで症状を軽減します。

 

実際に生理痛を改善する低用量ピルは子宮内膜症の予防薬としても処方されますので、ピルを飲んでいると生理痛と子宮内膜症の予防になるということでしょう。

 

手術療法では、軽度の場合は切開は必要としないケースもありますが、病巣が大きい場合や卵巣・子宮の摘出が必要なケースでは腹部を開いて手術を行います。

 

子宮内膜症の原因は、前述の通りはっきりと解明されているわけではありません。

 

そのため、明確な予防法が確立していない病気なのです。

 

なぜ、子宮内膜の細胞が他の部位に移動するのか、なぜ、腹膜上皮が子宮内膜に変化するのか、そのメカニズムが解明されていないので、それを防止することによる予防法も確立できないのです。

 

そのため、子宮内膜症による生理痛の悪化の影響を最小限に抑えるためには、子宮内膜症の早期発見が重要になります。

 

子宮内膜症は、発症当初は目立った自覚症状が少なく「ちょっと生理痛が重いかな?」と感じる程度です。

 

しかし、前述の通り「生理を繰り返すごとに症状が重くなる」という特徴があるため、生理痛の症状が重くなったと感じたら子宮内膜症の発症を疑うことが必要になります。

 

もちろん、重い生理痛の原因が常に子宮内膜症であるとは限りません。

 

ですが、そうであったとしても重い生理痛には何らかの理由があると考えられます。

 

婦人科で検査を受けて、何が原因で生理痛が重くなっているのか解明しましょう。

 

子宮内膜症であれば、放置すれば徐々に症状が重くなり、日常生活に支障が出るほどに症状が進んでしまう可能性もあります。

 

早めに発見し、治療を開始できるようにしましょう。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ