生理痛のタイプ

生理痛のタイプ

生理痛にピル通販

生理痛のタイプは?

生理痛のタイプ

生理痛は、人によっては症状が重い場合があります。

 

時に、日常生活に支障を及ぼすだけでなく、立っているのも辛いほどに重い症状を呈することもあります。

 

そして、そうした症状の重い生理痛に苦しんでいる人の場合、ひょっとしたら「あるタイプの生理痛」を患っている可能性が考えられます。

 

生理痛には、大きく分けて2つのタイプが存在します。一つは「機能性月経困難症」です。

 

これは病気を原因とせず、体質や日常生活に依存するタイプの生理痛です。

 

もう一つは「器質性月経困難症」です。これは、何らかの病気を原因として生理痛の症状が重くなっているタイプです。

 

ほとんどの生理痛は、病気を原因としない機能性月経困難症に分類されます。

 

このタイプの生理痛は、後述する病気を患っておらず、生理痛の症状が悪化する原因が「体質」や「生活習慣」などに由来します。

 

そもそも、月経困難症とは「日常生活に支障が出るほどに症状が重い生理痛」と言い換えることができます。

 

機能性月経困難症の場合、「プロスタグランジンの過剰分泌による子宮の収縮」や「生理周期に伴うホルモンバランスの変化による諸症状」が主な原因です。

 

生理痛の症状の大小は、機能性月経困難症の場合はプロスタグランジンの分泌量が多かったり、ホルモンバランスをさらに乱すような原因がある場合です。

 

例えば、日頃からストレスを溜めており、これを発散できず溜め込んでしまう場合です。

 

ストレスが溜まると自律神経が乱されてしまい、これと連動するようにホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

これにより、生理周期の変動によるホルモンバランスの乱れによる症状がさらに重く出やすくなります。

 

他には、喫煙の習慣がある場合です。喫煙は、血行を悪化させることがわかっています。

 

生理痛の原因であるプロスタグランジンには血管を収縮させる働きもあり、これによって冷えなどの症状をもたらします。

 

喫煙などを原因として日常的に血行が悪くなっていると、生理時の血行悪化もさらに重くなり、それに伴う諸症状も重くなりやすくなるのです。

 

器質性月経困難症は、生理痛全体で見ると少数派の生理痛です。

 

これは、何らかの病気を患うことで、その症状として生理痛の症状が重くなったり、他の女性にはあまり見られないような症状をもたらしてしまうのです。

 

器質性月経困難症の原因となる病気には、例えば「子宮内膜症」「子宮筋腫」など、子宮の病気が多いです。

 

例えば「子宮内膜症」は、子宮内部以外の部位で子宮内膜の細胞が増殖する病気です。

 

この「子宮以外の部位で増殖した子宮内膜細胞」もまた、通常の子宮内膜と同様に生理の際には剥がれ落ちます。

 

ですが子宮内部とは異なり経血が排出される場所ではないので、炎症を起こし、痛みの原因となります。

 

器質性月経困難症の場合、生理痛の症状を悪化させている基礎疾患を治療しない限り、基本的に生理痛の症状が軽減されることはありません。

 

また、病気が進行することで治療が難しくなったり、完治までに時間がかかることも考えられます。

 

一部の病気は初期の段階であればホルモンバランスを整える薬によって治療できる場合もありますが、適切な治療薬を選択するためにも医療機関の受診が基本となります。

 

婦人科では生理痛の改善に低用量ピルが処方されることが多く、多くの女性がピルを生理痛やPMS改善目的に服用しています。

 

ピルは婦人科では値段が高いので個人輸入でトリキュラーなどを安く買えるのはうれしいですね。

 

このように、生理痛は基本的に病気を原因とするのではなく、ストレスや喫煙などの生活習慣と体質的な原因で症状が重くなりますが、場合によっては子宮の病気を患っていることで重い症状になることも考えられます。

 

どちらの場合も、適切な治療と生活習慣の改善によって、生理痛の症状を軽くすることができます。

 

まずは婦人科を受診して検査を受けてください。

 

問診や血液検査によって生理痛を重くしている原因を解明し、それに適した治療を受けることで生理痛の症状を改善し、場合によっては病気が進行する前に完治させることに繋がります。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ