生理痛を和らげる食べ物

生理痛を和らげる食べ物

生理痛にピル通販

生理痛を和らげる食べ物

生理痛を和らげる食べ物

 

こちらでは生理痛を少しでも緩和するために効果的な食べ物を紹介します。

 

ただし、根本から生理痛やPMSなどを緩和するには低用量ピルの服用が一般的です。

 

女性だけが抱える悩みである「生理痛」。

 

たまに起こる生理痛でも辛いのに、毎月のように生理痛に悩まされている方にとっては、鎮痛剤の長期服用などで身体に大きな負担が掛かり、学校や仕事を休まざるを得ないと言う状況に陥っていらっしゃるのではないでしょうか。

 

主な生理痛の原因として、女性ホルモンのバランスの乱れが挙げられますが、実はホルモンバランスの乱れから起こる「冷え性」が、痛みを悪化させている事があるのです。

 

女性に多いと言われる「冷え性」。

 

「手足の冷えを感じる」と答えた女性は、厚生労働省の調査(平成22年度)で全年齢平均32.6%と言う数値が発表されています。

 

対して、男性は女性の約5分の1程で、如何に冷え性に悩む女性が多いか、お分かり頂けると思います。

 

なぜ、冷え性は女性に多いのでしょう。ここにも、女性の生理が関係しています。

 

女性には、生理開始日から次の生理開始前日までを1サイクルとする「生理周期」と言うものがあります。

 

生理周期により、女性の身体の中では、女性ホルモンの変動や血流が変化しています。

 

血行が悪く、身体のどこかで血液が滞ったりしてしまうと冷え性の原因となってしまいます。

 

生理期間中にも同じ事が言えます。

 

血行が悪い事で骨盤などに血液が滞り、うっ血した状態になります。

 

すると、生理による経血が体外に排出されず、汚れた血液が溜まり、生理痛を起こす原因となってしまうのです。

 

生理痛は勿論、冷え性を少しでも和らげたい、そのためには身体の内側から温めてあげる事が必要になります。

 

ですが、体内から温める方法と言っても、何が効果的なのか悩んでしまいますよね?

 

体の内側から身体を温め、生理痛を和らげてくれる方法、それは皆さんの日常生活で欠かせない、毎日の食事にあります。

 

どんな食べ物や栄養素が、生理痛を和らげるために、どのような働きをしてくれるのか、ご紹介していきます。

 

生理痛を和らげるための栄養素には、様々な種類があります。

 

栄養素と、その働き、主にどのような食品に含まれているのか見ていきましょう。

 

血流を良くする栄養素には「ビタミンE」や「DHA」、「EPA」などがあります。

 

芋類や大豆類、カツオやマグロなどの青魚に含まれています。

 

他にも「玉ねぎ」や「ネギ」に含まれる「アリシン」と言う成分にも血流を良くする働きがあるのです。

 

冷え性が酷い方は「生姜」が効果的と言われています。

 

生姜には、ビタミンなどは微量しか含まれていないものの、生姜の成分である「ショウガオール」や「ジンゲロン」は血行を促進する働きがあり、身体が冷えている時は温め作用、身体が火照っている時は火照りを冷ましてくれる作用と、大変優れた食べ物の1つと言えます。

 

そして、ホルモンや生理で減少する血液を作るために必要な「タンパク質」や「鉄分」。

 

納豆や豆腐などの大豆類、ヨーグルトにはタンパク質、牛や豚などのレバーには鉄分が豊富に含まれています。

 

大豆類と言えば「イソフラボン」が頭に浮かんだ方が多いのではないでしょうか。

 

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」と酷似した成分で、摂取する事で、エストロゲンが分泌された事と同じと考えても良い程です。

 

生理痛に限らず、生理前から体調が悪くなってしまう「月経前症候群」に悩んでいる方も居らっしゃると思います。

 

「ビタミンB1」や「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」などの「ビタミンB群」を生理前から摂取しておくと、生理前の症状を和らげる事も可能です。

 

「アーモンド」や「ピスタチオ」などの「ナッツ類」には、ビタミンB群が含まれています。

 

簡単に成分、主な食品、作用をご紹介してみましたが、生理痛を和らげる食べ物は、私達の身近にたくさんあります。

 

しかし、先にもお話した通り、偏った食事では効果的ではありません。

 

それぞれの栄養素を含む食品をバランス良く摂取するようにしましょう。

 

生理痛緩和のピルのために婦人科に行く時間がない、ピル代が高すぎると感じる女性は以下をご覧ください。

 

生理痛を根本から緩和する低用量ピルはこちらからご確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ