生理痛の鎮痛剤

生理痛と鎮痛剤

生理痛にピル通販

生理痛に鎮痛剤を飲んでる女性へ

こちらでは生理痛を一時的に緩和する鎮痛剤についてお話ししますが、鎮痛剤は継続的に飲むべき薬ではないですし、効き目が徐々に落ちますので、生理痛には根本原因を改善する「低用量ピル」の服用が推奨されます。

 

女性の身体が子供から大人になろうとする過程で必ず通過する「生理」。

 

殆どの方が10〜15歳の間に初潮を迎えます。

 

身体の成長には必要なものですが、不快感を感じるものでもありますね。

 

ただでさえ憂鬱な生理に加え「生理痛」まで重なってしまうと、毎月の生理が苦になってしまいます。

 

中には、余りの生理痛の酷さに生理が訪れる事に不安や恐怖感を感じる方も居らっしゃいます。

 

主な症状として「下腹部痛」「腰痛」「頭痛」「胸の痛み」のような身体的症状や「イライラ感」「憂鬱感」と言った精神的症状などが挙げられ、約90%の女性が症状の度合いは異なるものの、生理によって何らかの症状に悩んでいると言われています。

 

生理による苦痛や不快感は、女性にしか分からないため、男性に中々理解して貰えず、休みたくても休めず我慢して仕事や学校に行かれているのが現実です。

 

そして、生理時に感じる生理痛の中でも約8割の女性が「下腹部痛」「腰痛」と言った「痛み」に悩んでいるのです。

 

皆さんは、生理痛が起こる原因って考えた事はありませんか?

 

生理が起こるメカニズムは何となく分かっていても、生理痛が起こる原因まで理解していると言う方は少ないと思います。

 

生理痛がなぜ起こるのか、簡単にお話しておきます。

 

女性の体内には「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンが存在し、別名「子宮収縮ホルモン」とも言われています。

 

プロスタグランジンは、体内の免疫機能や消化器官など様々な全身の機能と関係しており、プロスタグランジンのバランスが乱れてしまうと体調不良の原因となる場合もある程、体内で重要な役割を担っています。

 

そんなホルモンが、なぜ生理痛を引き起こす原因となるのでしょうか。

 

プロスタグランジンは生理時に子宮を収縮させ、子宮内膜で不要となった粘膜を経血によって体外に出すと言う働きをしています。

 

生理時に痛みが起こるのはプロスタグランジンによるものであり、過度にプロスタグランジンが分泌されてしまうと子宮の収縮が強くなり、痛みが強くなってしまうと言う訳です。

 

ですが、プロスタグランジンの分泌量を調整するとなると、体質改善から始めなければならないため、時間が掛かってしまいます。

 

そこで登場するのが「鎮痛剤」です。

 

鎮痛剤の殆どが、痛みの原因となるプロスタグランジンを抑制させる成分が配合されています。

 

生理痛を抑える鎮痛剤の成分として「ロキソプロフェン」や「イブプロフェン」が代表的ですが、他にも「アスピリン」や「アセトアミノフェン」と言った成分も耳にされた事があるのではないでしょうか。

 

ドラッグストアなどで多種類の鎮痛剤が販売され、手軽に購入できる事から生理痛が辛い時には女性の強い味方になってくれますね。

 

ですが、鎮痛剤なら何でも良いと言う訳ではありません。

 

例えば鎮痛剤を服用しても痛みが治まらない、鎮痛剤を服用すると胃の調子が悪くなるなど、生理痛とは違う不快感を感じた経験がある方も居らっしゃいます。

 

痛みを抑えるために服用したのに、これでは意味がありません。

 

鎮痛剤の中には、鎮痛作用を更に強くするための成分をプラスして配合されているものもあり、よく使用されているのが「無水カフェイン」です。

 

鎮痛作用の補助的成分となってくれますが、元々、胃腸の弱い方が服用すると、胃痛悪化などになってしまう可能性があります。

 

鎮痛剤を購入される際は、薬剤師に体質や生理痛の状態を話し、自分に適した鎮痛剤を選ぶようにしましょう。

 

そして、用法用量を守る事も忘れてはいけません。

 

1日に服用する用量は守れていても、1ヵ月単位で服用し過ぎてしまうと身体が薬に慣れてしまい効果が十分発揮されません。

 

1ヵ月に10日以内に服用は押さえるよう心掛けましょう。

 

生理痛は大人だけではありません。鎮痛剤の多くは「15歳未満服用不可」のものばかりです。

 

15歳未満の子供さんの鎮痛剤を購入される際も薬剤師に相談し、親御さんがしっかり管理してあげる事も大切です。

 

鎮痛剤は継続的に飲むべきではありません。耐性が強くなり効き目が落ちますし、それで服用量が増えて中毒の用になりえるからです。

 

生理痛の緩和には女性ホルモン剤のピルが一般的です。

 

生理痛を根本から緩和する低用量ピルはこちらからご確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ