生理痛の症状

生理痛の症状

生理痛にピル通販

生理痛の症状と改善法

生理痛の症状

 

皆さんは「生理痛の症状」と聞くと、どんな症状をイメージするでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの方は「腹痛」や「腰痛」といった下腹部や腰の症状をイメージされるのではないかと思います。

 

しかし、実は一言に生理痛と言ってもさまざまな症状を含んでいるのです。

 

まずは「腹痛」です。生理痛の代名詞とも言えるほど頻度の高い症状です。

 

一般的な腹痛の原因である胃腸症状とは異なり、生理痛における腹痛の原因は「子宮の収縮」です。

 

経血の排出が困難であるほどに、腹痛の症状も激しくなりやすいです。

 

次に多いのは「腰痛」です。生理痛における腰痛は、骨盤の開閉を原因としているものが多いです。

 

生理時には骨盤が大きく開くため、骨盤の周辺の筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こします。

 

また、子宮を収縮させるために分泌される「プロスタグランジン」には、痛みを強めるという作用もあるため、腰痛を起こしやすくなります。

 

他には「頭痛」も生理痛の症状として挙げられます。

 

生理時の頭痛は、生理周期による女性ホルモンの分泌量の増減に伴い、脳内の血管が拡張と収縮を繰り返すことで頭痛を引き起こします。

 

生理痛には、一般的に「痛み」として認識されていない症状も数多く発生します。

 

まずは「吐き気」です。これは、子宮を収縮させるプロスタグランジンが胃も収縮させてしまうことによって引き起こされてしまいます。

 

同様に、プロスタグランジンは腸も収縮させるため、「下痢」の症状も引き起こします。

 

胃腸症状としては他にも「便秘」の症状を引き起こす可能性があります。

 

これは、生理時の食欲低下によって代謝機能が低下してしまったことで発生します。

 

また、生理時の出血によって内臓機能が低下することも便秘の症状を引き起こす原因となります。

 

次は「眠気」です。黄体ホルモンの働きによって上げられた体温を下げようとするのですが、人間は体温低下によって眠気を感じてしまいます。

 

入浴後しばらくすると眠気がやってくるのも同じ原理なのですが、生理周期によるホルモンバランスの乱れが眠気を起こしてしまいます。

 

他には「発熱」を起こすことも多いです。

 

これは、血行が悪化したことによるものも考えられるのですが、ひょっとしたら「子宮内膜症」や「クラミジア感染症」を患っていることが原因で生理時に発熱を起こしているという可能性も考えられます。

 

発熱が長引く場合は、医療機関を受診して原因をつきとめる必要があります。

 

この他にも、生理痛の症状としてホルモンバランスが乱れることによって「肌荒れ」や「めまい」などの症状を起こすこともあります。

 

それ以外にも、プロスタグランジンの影響による血行悪化やホルモンバランスの乱れを原因としてさまざまな症状が引き起こされる可能性があります。

 

このように、一言に生理痛と言ってもさまざまな症状が発生することが考えられます。

 

また、同じ症状でも人によって症状の重さは異なります。

 

プロスタグランジンがどれだけ分泌されるか、生活習慣の中に生理痛を悪化させる要因は含まれていないか、そうした女性ごとに異なる要因によって、発症する症状の種類や重さは大きく異なります。

 

その症状が日常生活において大した影響を及ぼさない場合はまだ良いのですが、生理痛の症状が重く、日常生活に悪影響を及ぼすほどになる場合は治療対象としてとらえることができます。

 

生理痛の改善には低用量ピルの服用が一般的で多くの女性がピルを服用していますね。

 

また、生理痛の症状が重い場合は何らかの病気を患っている可能性も否定できません。

 

ときには、命にかかわるような病気の症状の一つとして、生理痛の症状を重くしているというケースも考えられます。

 

逆に、ちょっとした工夫で生理痛の症状を軽減できる場合もあります。

 

具体的な基礎疾患が存在せず、生活習慣を原因として症状が重くなっている場合であれば、その原因を生活の中から取り除き、場合によっては低用量ピルを服用することで手軽に生理痛の症状を改善できる可能性があります。

 

ともあれ、まずは婦人科を受診し、生理痛の症状を重くしている原因が何であるか理解し、その改善に努めましょう。

 

生理痛・PMSを緩和する低用量ピルはこちらから確認ください>>

生理痛にピル通販

ホーム RSS購読 サイトマップ